Malta's Cryptocurrency Tax Guidelines: Coins, Financial Tokens, and Utility Tokens - Blockgeeks

tax guidelines in malta cover photo

2018年11月1日、2018年の仮想金融資産法(「VFA法」)および仮想金融資産規則(2018年の法的通知357))が発効した同じ日に、マルタ収益委員会は、取引の所得税、印紙税、VAT処理に関するガイドラインを発行しました。 分散元帳技術を含む取り決め (「DLT」) 資産. このガイドでは、マルタの暗号化税ガイドラインの概要を説明します。

マルタの暗号化税:はじめに

2018年11月1日、マルタ国歳入委員会は、DLT資産を含む取引または手配の所得税、印紙税、VAT処理に関するガイドラインを発行しています。 所得税、印紙税、付加価値税に関する3つのガイドラインが別途発行されました。 DLT資産の分類は、DLT資産がコインとトークンに分類され、後者はさらに金融トークンとユーティリティトークンに分割された3つのガイドラインすべてに共通化されました。

VFA法は、DLT資産と呼ばれる新しいクラスのデジタル資産を規制する体制を導入し、仮想金融資産、初期コインオファリング(以下「ICO」といいます)、取引所、バーチャルファイナンシャルなど、DLT資産に関連する補助サービスおよび製品提供を提供します。 資産エージェントとサービスプロバイダ。

VFA法は、初期の仮想金融資産の提供を定義するか、より一般的に知られているように、ICOを「発行者が仮想金融資産を発行し、資金と引き換えにそれらを提供している資金を調達する方法」として定義しています。

仮想トークン(「ユーティリティトークン」)は、発行されたDLTプラットフォームの外にユーティリティ、価値、またはアプリケーションを持たないDLT資産として定義され、DLT資産の発行者が直接プラットフォーム上の資金に引き換えることができます。

すべての3つの税ガイドライン文書は、DLT資産の任意のタイプの所得税、印紙税、VAT処理は、必ずしもその分類によって決定されるわけではありませんが、その目的と使用されるコンテキストに依存することを明確にしています。

マルタの暗号化税:初期コイン提供

ガイドラインは、所得税の目的のために、最初のオファリングまたはトークン生成イベントにおける財務調達による収入は、発行者の収入として扱われてはならず、新しいトークンの問題はキャピタルゲイン税の目的での移転として扱われないことを規定しています。

VATの観点から見ると、VATガイドラインは、ICOを発行する時点で、特定の商品またはサービスが特定されず、供給の対応する価格が固定されることも、プロジェクトが発行者によって実施されるかどうかを決定することも可能ではないという前提に基づいて規定している ICOが実現されるでしょう-そのようなICOは必ずしもVAT目的で請求可能なイベントを構成するとは限らず、したがってVATの範囲外として扱われるべきです。

しかし、ICO段階で発行されたトークンが、特定の考慮事項のために特定された商品またはサービスに権利を与える場合、請求可能なイベントが発生し、ユーティリティ/金融トークンに適用される規則に従う必要があります。

マルタの暗号化税:金融およびユーティリティトークン

発行されたガイドラインのために、トークンは金融トークンとユーティリティトークンに分割され、両方の特性を持つトークンはハイブリッドトークンと呼ばれます。

金融トークンとは、株式、債務、集団投資スキームの単位、またはデリバティブと金融商品を含む類似した資質を示すDLT資産を指します。 ユーティリティトークンは、DLTプラットフォーム内またはその関連で、またはDLTプラットフォームの限られたネットワーク内で商品またはサービスの取得のみに制限されているユーティリティ、価値またはアプリケーションが、DLT資産を指します。

所得税のために、金融トークンから派生したリターンは、平日か暗号通貨か現物かにかかわらず、収入として扱われるべきです。 トークンの移転に関連して、税務処理は、移転が取引であるか、資本資産の移転であるかに依存する必要があります。 取引利益は課税対象ですが、資本利益はトークンが所得税法の「有価証券」の定義を満たしている限り、課税対象となります。

VATの観点から、VATガイドライン文書は、単に資本を上げるために発行された金融トークンの場合、その問題は発行者の手の中にVATの意味を生じさせないことを規定しています財務の引き上げ自体が商品やサービスの供給を構成しないという理由から を参照してください。 発行されたトークンが商品またはサービスの供給のために考慮またはその一部として受け入れられる義務を負うユーティリティトークンの場合、そのようなトークンはバウチャーの特性を持ち、VAT目的のためのバウチャーと同じ方法で処理する必要があります。 この場合、単目的トークンまたは多目的トークン/バウチャーを区別する必要があります。

金融トークンとユーティリティトークンの両方の特徴を含むハイブリッドトークンの場合、ガイドラインでは、ハイブリッドトークンが特定のケースでユーティリティトークンとして使用される場合、そのように扱われ、別の機会に同じトークンがコインとして使用される場合、そのように扱う必要があることを規定しています。

マルタの暗号化税:コインでの取引

所得税の目的のために、取引と資本取引の区別は、コインを含む取引が課税対象であるかどうかを決定する際に行われるべきである。 ガイドラインは、コインを交換する事業から実現された利益は、換金通貨の取引から派生した利益と同じ方法で扱われるべきであり、したがって所得税の対象となるが、コインはキャピタルゲインの課税の範囲外になるはずである。

VAT目的のために、他の暗号化通貨またはそのような交換が検討のためのサービスの供給を構成している金銭のための暗号化通貨の交換は、通貨および関連サービスの取引のために提供される免除の下でVATから免除されるべきである。

コインの価値の決定に関して、ガイドラインは、関連するマルタ当局が公表したレートを参照して確立されるべきであり、そのようなものが使用できない場合は、関連する日付に、3つの評判の良い取引所での平均引用価格を参照すること 取引やイベント、または収益のためのコミッショナーの満足にそのような他の方法論。

デジタルウォレット

デジタルウォレットプロバイダのVAT処理を確立するために、ガイドラインでは、プロバイダがコインユーザーが暗号化を保持して操作できるようにするための手数料の支払いを要求し、問題の支払い手段に関連する権利と義務を創出することを規定しています。 デジタルウォレットプロバイダーは、通貨および関連サービスの取引に対して免除の下で付加価値税を免除する必要があります。 デジタルウォレットプロバイダーが提供するサービスが、上記の通貨に関する取引を構成せず、項目3(3)、パート2、第5条(VAT法)のスケジュール、または項目3(5)の目的で有価証券取引を行う取引でもない場合。 パート2, VAT法への第5スケジュール, その後、サービスは課税対象として分類されます. 疑いの回避のために、単なる技術サービスが課税されるだろう。

鉱業

所得税の目的のために、ガイドラインには、暗号侵害の採掘による収益勘定の利益または利益が収入を表すことが記載されています。

鉱業活動に関する付加価値税に関連して、ガイドラインは、鉱業が新たに鋳造されたコインの性質の中で補償が発生するサービスを構成する2つのインスタンスを提供し、鉱業は通常、それによってそのようなサービスの特定の受信者を持っていない、その場合には、の範囲外に落ちる VATは、受け取った報酬とレンダリングされたサービスの間に直接リンクがないことに基づいて、サプライヤーと受信者の間に相反するパフォーマンスはありません。 一方、鉱夫は、特定の顧客への特定の請求が行われた特定の取引の検証に関連するサービスの提供など、他の活動の支払いを受け取った場合、VAT目的のための有料イベントがトリガされます。 その場合、これまでのところ、このようなサービスはマルタで行われているとみなされ、マルタのVATは標準料金が適用されます。

取引プラットフォーム

プラットフォームの提供から利益を実現する交換プラットフォームのプロバイダーは、通常の企業のように扱われ、マルタの企業体に適用される通常の規則と原則の下で課税されるべきである。

VAT目的のために、ユーザー/取引手数料または手数料の支払いを考慮した取引/交換施設の提供は、検討のためのサービスの供給を構成します。 他の取引と同様に、付加価値税の目的で、免除が適用されない限り、マルタ付加価値税の範囲内に該当するサービスの供給は課税対象となります。 取引/取引プラットフォームサービスのVAT処理(課税対象または免除)は、提供されるサービスの性質に依存し、これはケースバイケースで決定する必要があります。検討しなければならない要因は、主に単に 技術サービス、または取引に付加価値税が免除される可能性が移転または交換に関与している場合。

印紙税

DLT資産を含む取引の印紙デューティ処理は、法律で定義されているように「有価証券」と同じ特性を持っている問題のDLT資産かどうかを分析することによって決定され、彼らは文書上の義務の適用規定に従って義務を負うものとし、 移転法。

マルタの暗号化税:結論

発行されたガイドラインは、既存のルールや規制の適用を明確にする一方で、取引の所得税、付加価値税、印紙税の処理を確立するために、それぞれのケースを別々に扱わなければなりません。

また、このガイドラインは、支払いが暗号通貨で行われたり、受け取られたりする場合、所得税の目的で、他の通貨での支払いとは異なる扱いされるべきではないことを明確にしています。 したがって、暗号化で商品またはサービスの支払いを受け入れる企業の場合、収益が認識される時期や課税利益の計算方法に変更はありません。 給与や賃金などの報酬の支払いにも同じことが適用されるため、一般原則の面で課税対象とみなされるべきです。 金融トークンまたはユーティリティトークンの移転によって支払いが行われた場合、それは現物の他の支払いと同様に扱われます。

マルタの暗号化規則に興味がありますか? これらの記事をチェックしてください:

暗号化サービスプロバイダのためのマルタの規則

マルタの暗号規制フレームワーク

マルタの規則におけるIVFAOとは

2018年11月1日、2018年の仮想金融資産法(「VFA法」)および仮想金融資産規則(2018年の法的通知357))が発効した同じ日に、マルタ収益委員会は、取引の所得税、印紙税、VAT処理に関するガイドラインを発行しました。 分散元帳技術を含む取り決め (「DLT」) 資産. このガイドでは、マルタの暗号化税ガイドラインの概要を説明します。 はじめに 2018年11月1日、マルタ州歳入委員会は、DLT資産を含む取引または配置の所得税、印紙税、VAT処理に関するガイドラインを発行しています。 所得税、印紙税、付加価値税に関する3つのガイドラインが別途発行されました。 DLT資産の分類は、DLT資産がコインとトークンに分類され、後者はさらに金融トークンとユーティリティトークンに分割された3つのガイドラインすべてに共通化されました。 VFA法は、DLT資産と呼ばれる新しいクラスのデジタル資産を規制する体制を導入し、仮想金融資産、初期コインオファリング(以下「ICO」といいます)、取引所、バーチャルファイナンシャルなど、DLT資産に関連する補助サービスおよび製品提供を提供します。 資産エージェントとサービスプロバイダ。 VFA法は、初期の仮想金融資産の提供を定義するか、より一般的に知られているように、ICOを「発行者が仮想金融資産を発行し、資金と引き換えにそれらを提供している資金を調達する方法」として定義しています。 仮想トークン(「ユーティリティトークン」)は、発行されたDLTプラットフォームの外にユーティリティ、価値、またはアプリケーションを持たないDLT資産として定義され、DLT資産の発行者が直接プラットフォーム上の資金に引き換えることができます。 すべての3つの税ガイドライン文書は、DLT資産の任意のタイプの所得税、印紙税、VAT処理は、必ずしもその分類によって決定されるわけではありませんが、その目的と使用されるコンテキストに依存することを明確にしています。 初期コインオファリングガイドラインは、所得税の目的のために、最初のオファリングまたはトークン生成イベントで財務を上げることによる収入は、発行者の収入として扱われるべきではなく、新しいトークンの発行はキャピタルゲイン税目的のための移転として扱われないことを規定しています。 VATの観点から見ると、VATガイドラインは、ICOを発行する時点で、特定の商品またはサービスが特定されず、供給の対応する価格が固定されることも、プロジェクトが発行者によって実施されるかどうかを決定することも可能ではないという前提に基づいて規定している ICOが実現されるでしょう-そのようなICOは必ずしもVAT目的で請求可能なイベントを構成するとは限らず、したがってVATの範囲外として扱われるべきです。 しかし、ICO段階で発行されたトークンが、特定の考慮事項のために特定された商品またはサービスに権利を与える場合、請求可能なイベントが発生し、ユーティリティ/金融トークンに適用される規則に従う必要があります。 金融トークンとユーティリティトークン発行されたガイドラインの目的のために、トークンは金融トークンとユーティリティトークンに分割され、両方の特性を持つトークンはハイブリッドトークンと呼ばれます。 金融トークンとは、株式、債務、集団投資スキームの単位、またはデリバティブと金融商品を含む類似した資質を示すDLT資産を指します。 ユーティリティトークンは、DLTプラットフォーム内またはその関連で、またはDLTプラットフォームの限られたネットワーク内で商品またはサービスの取得のみに制限されているユーティリティ、価値またはアプリケーションが、DLT資産を指します。 所得税のために、金融トークンから派生したリターンは、平日か暗号通貨か現物かにかかわらず、収入として扱われるべきです。 トークンの移転に関連して、税務処理は、移転が取引であるか、資本資産の移転であるかに依存する必要があります。 取引利益は課税対象ですが、資本利益はトークンが所得税法の「有価証券」の定義を満たしている限り、課税対象となります。 から VATの観点から、VATガイドライン文書は、単に資本を上げるために発行された金融トークンの場合、問題は、それ自体が金融の調達が商品やサービスの供給を構成しないという理由から、発行者の手の中に付加価値税の意味を生じさせないことを提供する 考慮事項。 発行されたトークンが商品またはサービスの供給のために考慮またはその一部として受け入れられる義務を負うユーティリティトークンの場合、そのようなトークンはバウチャーの特性を持ち、VAT目的のためのバウチャーと同じ方法で処理する必要があります。 この場合、単目的トークンまたは多目的トークン/バウチャーを区別する必要があります。 金融トークンとユーティリティトークンの両方の特徴を含むハイブリッドトークンの場合、ガイドラインでは、ハイブリッドトークンが特定のケースでユーティリティトークンとして使用される場合、そのように扱われ、別の機会に同じトークンがコインとして使用される場合、そのように扱う必要があることを規定しています。 コインでの取引所得税の目的で、取引と資本取引の区別は、コインを含む取引が課税対象であるかどうかを決定する際に行われるべきです。 ガイドラインは、コインを交換する事業から実現された利益は、換金通貨の取引から派生した利益と同じ方法で扱われるべきであり、したがって所得税の対象となるが、コインはキャピタルゲインの課税の範囲外になるはずである。 VAT目的のために、他の暗号化通貨またはそのような交換が検討のためのサービスの供給を構成している金銭のための暗号化通貨の交換は、通貨および関連サービスの取引のために提供される免除の下でVATから免除されるべきである。 コインの価値の決定に関して、ガイドラインは、関連するマルタ当局が公表したレートを参照して確立されるべきであり、そのようなものが使用できない場合は、関連する日付に、3つの評判の良い取引所での平均引用価格を参照すること 取引やイベント、または収益のためのコミッショナーの満足にそのような他の方法論。 デジタルウォレットデジタルウォレットプロバイダのVAT処理を確立するために、ガイドラインでは、プロバイダがコインユーザーが暗号化を保持して操作できるようにするための手数料の支払いを要求し、問題の支払い手段に関連する権利と義務を創出することを規定しています。 デジタルウォレットプロバイダーのサービスは、通貨および関連サービスの取引の免除の下で付加価値税が免除されるべきである。 デジタルウォレットプロバイダーが提供するサービスが、上記の通貨に関する取引を構成せず、項目3(3)、パート2、第5条(VAT法)のスケジュール、または項目3(5)の目的で有価証券取引を行う取引でもない場合。 パート2, VAT法への第5スケジュール, その後、サービスは課税対象として分類されます. 疑いの回避のために、単なる技術サービスが課税されるだろう。 鉱業所得税の目的のために、ガイドラインには、暗号侵害の採掘による収益勘定の利益または利益が収入を表すことが記載されています。 鉱業活動に関する付加価値税に関連して、ガイドラインは、鉱業が新たに鋳造されたコインの性質の中で補償が発生するサービスを構成する2つのインスタンスを提供し、鉱業は通常、それによってそのようなサービスの特定の受信者を持っていない、その場合には、の範囲外に落ちる VATは、受け取った報酬とレンダリングされたサービスの間に直接リンクがないことに基づいて、サプライヤーと受信者の間に相反するパフォーマンスはありません。 一方、鉱夫は、特定の顧客への特定の請求が行われた特定の取引の検証に関連するサービスの提供など、他の活動の支払いを受け取った場合、VAT目的のための有料イベントがトリガされます。 その場合、これまでのところ、このようなサービスはマルタで行われているとみなされ、マルタのVATは標準料金が適用されます。 交換 プラットフォームプラットフォームの提供から利益を実現する交換プラットフォームのプロバイダーは、通常の企業のように扱われ、マルタの企業に適用される通常の規則および原則の下で課税されるべきである。 VAT目的のために、ユーザー/取引手数料または手数料の支払いを考慮した取引/交換施設の提供は、検討のためのサービスの供給を構成します。 他の取引と同様に、付加価値税の目的で、免除が適用されない限り、マルタ付加価値税の範囲内に該当するサービスの供給は課税対象となります。 取引/取引プラットフォームサービスのVAT処理(課税対象または免除)は、提供されるサービスの性質に依存し、これはケースバイケースで決定する必要があります。検討しなければならない要因は、主に単に 技術サービス、または取引に付加価値税が免除される可能性が移転または交換に関与している場合。 印紙関税DLT資産を含む取引の印紙デューティ処理は、法律で定義されているように、「有価証券」と同じ特性を持っている問題のDLT資産かどうかを分析することによって決定され、彼らは関税の適用規定に従って義務を負うものとする 文書および譲渡法。 結論発行されたガイドラインは、既存の規則や規制の適用を明確にする一方で、取引の所得税、付加価値税、印紙税処理を確立するために、それぞれのケースを別々に扱わなければなりません。 また、このガイドラインは、支払いが暗号通貨で行われたり、受け取られたりする場合、所得税の目的で、他の通貨での支払いとは異なる扱いされるべきではないことを明確にしています。 したがって、暗号化で商品またはサービスの支払いを受け入れる企業の場合、収益が認識される時期や課税利益の計算方法に変更はありません。 給与や賃金などの報酬の支払いにも同じことが適用されるため、一般原則の面で課税対象とみなされるべきです。 金融トークンまたはユーティリティトークンの移転によって支払いが行われた場合、それは現物の他の支払いと同様に扱われます。 マルタの暗号化規則に興味がありますか? これらの記事をチェックしてください:暗号化サービスプロバイダのためのマルタの規則マルタの暗号化規制フレームワークマルタの規則のIVFAOとは何か

Like what you read? Give us one like or share it to your friends and get +16

24
Hungry for knowledge?
New guides and courses each week
Looking to invest?
Market data, analysis, and reports
Just curious?
A community of blockchain experts to help

Get started today

Already have an account? Sign In